伊豆の踊り子

掲載日 ジャンル:

koto0065
著者:
川端康成
朗読:
榊原忠美

湯ヶ島・天城峠を越えて下田に向かう旅を芸人一座と道連れになった、孤独に悩む少年の、淡い恋と人間的成長を旅情豊かに描く。

雪国

掲載日 ジャンル:

koto0143
著者:
川端康成
朗読:
榊原忠美

「島村は私ではありません。男としての存在ですらないようで、ただ駒子をうつす鏡のようなもの、でしょうか。・・」川端文学の結晶

伊豆の踊子

掲載日 ジャンル:

koto2373
著者:
川端康成
朗読:
小川道子

高等学校の制帽をかぶり紺絣の着物に袴をはき学生カバンを肩に、高下駄をはき天城の坂道を登って行った。私の期待通り、その峠の茶屋で旅芸人の一行が休んでいた。

千羽鶴

掲載日 ジャンル:

koto2374
著者:
川端康成
朗読:
松谷染佳

鎌倉円覚寺の茶会で、今は亡き情人の面影をとどめるその息子、菊治と出会った太田夫人は、お互いに誘惑したとも抵抗したとも覚えはなしに夜を共にする……

波千鳥

掲載日 ジャンル:

koto2375
著者:
川端康成
朗読:
松谷染佳

結婚したものの、結婚に罪悪感をいだく菊治はーー 川端康成の代表作『千羽鶴』の続編として書き始められたものの未完に終わった、生々しく、清冽な、うつくしい物語。

名人

掲載日 ジャンル:

koto2590
著者:
川端康成
朗読:
堀英二

本因坊秀哉名人に若き七段が挑んだ、名人の引退碁を観戦した川端康成は深い感銘を受け、観戦記者の視点での小説を描き上げた。観戦記としても、小説としても、逸品です。

みずうみ

掲載日 ジャンル:

koto2591
著者:
川端康成
朗読:
遠藤たつお

美しい女を見かけると、その「魔性」に惹かれて後を追ってしまう銀平。職を失ってもその奇行は止まらない。・・三島由紀夫により「華麗な暗黒小説」と評された異色作。

掌の小説

掲載日 ジャンル:

koto2901
著者:
川端康成
朗読:
松宮森乃

【スキマ時間に聞く文豪の世界】ノーベル賞受賞作家として世界に名高い川端康成の、この繊細な原文をそのまま堪能できるのは、日本にうまれた贅沢のひとつといえるだろう

眠れる美女(CD4枚組)

掲載日 ジャンル:

koto1643
著者:
川端康成
朗読:
wis

三島由紀夫が「熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の逸品と激賞した川端康成の傑作。