紅梅

掲載日 ジャンル:

koto2361
著者:
安西篤子
朗読:
真伎美どり

ふた月ぶりで国元に帰ってきた児玉新之助は、 新妻きわに逢えると胸はずませてわが家の門をくぐる。 梅屋敷と呼ばれるほど梅樹の多い児玉家は紅梅が盛んであった。

山梔子

掲載日 ジャンル:

koto2362
著者:
安西篤子
朗読:
神谷尚武

朋輩の家での碁の集まりで始まった乱闘事件に 巻き込まれた三輪新平は 婿養子の縁を自ら切って去って行く。 妻の袖に残されたのは、机上の一輪の山梔子の花。

万両

掲載日 ジャンル:

koto2363
著者:
安西篤子
朗読:
梶けいこ

姑の機嫌の悪さに閉口する嫁の比呂は、 姑と舅のつながりを不思議に思う。 濃い葉の下につつましやかに実る万両の実に 小心な舅が象徴されている。

菖蒲

掲載日 ジャンル:

koto2562
著者:
安西篤子
朗読:
真伎美どり

家格の低い家から嫁ぎ、絶え間ない気苦労と夫への不信に揺れる毎日・・・ 江戸を舞台に女の哀切を描く佳編。(時代小説)

蘇芳

掲載日 ジャンル:

koto2563
著者:
安西篤子
朗読:
真伎美どり

嫁いだ先で起きた変事——舅と嫁がゆるしあいゆく心の襞を描く佳編。(時代小説)

著莪

掲載日 ジャンル:

koto2564
著者:
安西篤子
朗読:
真伎美どり

恵まれた日々をおくる女が、昔のおもい人の噂を耳に挟む。ふと会いに行ってみようかと思う・・・男と女の心がしみてくる佳編(時代小説)

金雀児

掲載日 ジャンル:

koto2565
著者:
安西篤子
朗読:
梶けいこ

夫が愛したのは、なんと、御殿ご寵愛の男、だった・・・ 女として、武家の妻として、揺れる心を描ききった佳編(時代小説)

南天

掲載日 ジャンル:

koto2566
著者:
安西篤子
朗読:
神谷尚武

夫が殺された。殺したのは夫の親友、その理由は金。残された妻の選んだ道は——(時代小説)