鉄道員

掲載日 ジャンル:

koto0360
著者:
浅田次郎
朗読:
榊原忠美

無骨な老鉄道員のもとにおとずれた“やさしい奇蹟”・・第117回直木賞受賞し、また映画化され大ヒットもした、心を揺さぶる物語

雛の花

掲載日 ジャンル:

koto2349
著者:
浅田次郎
朗読:
小川道子

祖母は美しい人だった。万事派手好みで上等でなければ気がすまなかったのに芝居は三階の大向こう。闇の奥から「音羽屋ッ!」。通さえも振り向く実にいい声だった。

遺影

掲載日 ジャンル:

koto2350
著者:
浅田次郎
朗読:
小川道子

「さすがだね、旦那、サマになってる。」スタジオで肖像写真を撮影するとき、祖父が客の表情や姿勢を直さないのは珍しかった。「ぱばあが惚れるのも無理はねえな。」

月島慕情

掲載日 ジャンル:

koto2351
著者:
浅田次郎
朗読:
小川道子

しんそこ惚れた男に身請けされるなんてことがあるものだろうか。 ・・・月島の上に昇る見事な月の下で、時次郎との暮らしをあれこれ夢見てミノの胸は膨らんだ

シューシャインボーイ

掲載日 ジャンル:

koto2352
著者:
浅田次郎
朗読:
吉浜直樹

塚田はタイプの違う社長に戸惑いながら鷹揚で照れ屋の社長の人柄に惹かれていった。・・社長の持馬が大勝した日、競馬場から向かった先はガード下の靴磨きのところだった。

ひなまつり

掲載日 ジャンル:

koto2450
著者:
浅田次郎
朗読:
松谷有梨

「私に、おとうさんを下さい」女手ひとつで育てられた、12歳の娘。仕事の母を待つひとりぼっちの夜ーーそこに、もとお隣の青年が訪ねてくる・・・ 切ない物語です。

聖夜の肖像

掲載日 ジャンル:

koto2451
著者:
浅田次郎
朗読:
松谷有梨

久子は夫婦で表参道のクリスマスイルミネーションを見に出かける。愛情深い夫、何不自由ない幸せな生活。だが、久子には忘れられない過去があった。表参道での偶然は・・・

お腹召しませ

掲載日 ジャンル:

koto2902
著者:
浅田次郎
朗読:
平川正三

格好良くあるのにこしたことはないが、格好良いだけではこの世はなりたたぬうえに、どんなにか味気ないことであろうと思われる。幕末から明治維新を生きた6人の侍の物語。

月島慕情

掲載日 ジャンル:

koto2903
著者:
浅田次郎
朗読:
大森ゆき/前田弘喜

「私はどうしても、この見知らぬ、歴史のなかに埋もれていったような人を書く」「それでも地味だ派手だということではなく、読者の方々は必ずわかってくださると思う」著者

壬生義士伝 上

掲載日 ジャンル:

koto2954
著者:
浅田次郎
朗読:
平川正三

「僕だってやられちゃうかもしれないよ」沖田総司も一目置く”鬼貫”は、守銭奴であった。命を惜しむ侍であった――激動を生き抜いた男たちが語る”吉村貫一郎”の生き様。

壬生義士伝 下

掲載日 ジャンル:

koto2960
著者:
浅田次郎
朗読:
平川正三

新撰組志士 吉村貫一郎は、立場を超えて互いを想い合った親友であった南部藩重臣 大野次郎右衛門に切腹を迫られる。二人の思いと決断、そしてそれがもたらすものは。