甲賀忍法帖壱 大秘事

掲載日 ジャンル:

koto0044
著者:
山田風太郎
朗読:
野々宮卯妙

悲運の恋人たち、常識をはるかに超えた体質と能力から生まれる奇抜な術、そして無敵を誇ってきた忍者たちの非情な殺人トーナメント。

甲賀忍法帖三 破虫変

掲載日 ジャンル:

koto0046
著者:
山田風太郎
朗読:
野々宮卯妙

「フフフフ、さようにうれしいか。それほど愉しいか――」 四百年の禁をとかれ、伊賀甲賀あい戦える日を迎ええたのが・・!!

甲賀忍法帖4 水遁

掲載日 ジャンル:

koto0047
著者:
山田風太郎
朗読:
野々宮卯妙

伊賀甲賀の戦いの火蓋が切っておとされたことを知らない甲賀の若君・弦之介は、許婚の姫君・朧をたずねて伊賀の里をおとずれていた―

甲賀忍法帖5 泥の死仮面

掲載日 ジャンル:

koto0048
著者:
山田風太郎
朗読:
野々宮卯妙

伊賀の忍5名が先を取って甲賀卍谷へすべりこんだ。しかし迎えるのも人であるかも疑われるような異能の手練ぞろいとくれば・・・?

くノ一忍法帖 セット

掲載日 ジャンル:

koto0441
著者:
山田風太郎 
朗読:
澤田 雅代

貴方はこの一幕たえられるだろうか。目を背けても、血の匂いは耳から脳髄をふるわせる。———著者自ら忍法帖の代表作として推した傑作中の傑作!

甲賀忍法帖 第一集

掲載日 ジャンル:

koto0044
著者:
山田風太郎
朗読:
野々宮 卯妙

商品紹介 慶長十九年四月、駿河城内―― 幕府草創期の徳川一族、幕府首脳のすべてが居並ぶ中で、大御所・徳川家康の口からおどろくべき一つの賭けの宣言が発せられた。 竹千代と国千代、いずれが三代将軍たるべき者か、伊賀のお幻一族… 続きを読む »