koto0062
著者:
北杜夫
朗読:
相原麻理衣
出版:
ことのは出版
収録:

掲載日 ジャンル:

「私のわるい癖で、パリなんてどうせ大したものでもあるまいと思っていたところ、どうしてこれがおどろいた都で、(中略)ほとんどサトリを開いてしまった」
マンボウ先生のソウカイな旅路は、パリ・モナコ・アレキサンドリアへとつづきます。
ちなみに、「サトるとどうなるかというと、まずパンツの紐が少しゆるいことに皆は気づくであろう。」ということです。 
昭和30年代前半、水産庁の漁業調査船に船医として乗り込んだ若き精神科医・マンボウ先生の、世界漫遊5ヶ月間の珍道中。ハチャメチャユーモアエッセイ、どくとるマンボウシリーズがオーディオブックになりました。
ユニークな文章を際立たせる、相原麻理衣のテンポ良い軽妙な朗読で、最後まで聞く人を飽きさせません。

ご購入はこちらから

購入サイト: