koto1454
著者:
アントン・チェーホフ
朗読:
清水柳一 福田純 握☆飯太郎 うちの陽子 木村由妃 村上馨 佐藤佳織 前田靖子 萩原ゆい
出版:
清水柳一
収録:
0:34:54

掲載日 ジャンル:

世界に名高いロシアの作家チェーホフ(1860〜1904)。その初期ユーモア短編集から、『お化け鏡』、『床屋では』、『謎の女(ひと)』の3作品を収めました。本格的に作家の道を歩み出す前、冗談半分で雑誌に投稿し始めた頃の作品ですが、すでに天賦の才が見え隠れしています。
『お化け鏡』。蝋燭を手にした若夫婦が、暗闇の地下室へ入ります。そこにあるのは、先祖伝来の鏡。悪魔が宿ると言い伝えられてきました。若い妻は、鏡を覗いた瞬間、あっと声を上げて気絶してしまいます。一体、何事が……。
『床屋では』。気まじめな若者が営む粗末な床屋へ馴染みの客がやってきます。待ちに待った客のようです。病み上がりの客は、医者の指示通り、丸坊主にしてくれと頼みます。後で濃い毛髪が生えてくるからだそうです。さて、どうなりますことやら……
『謎の女(ひと)』。一等車の個室。駆け出しの作家と着飾った美女が向かい合っています。女は、切々と不幸な身の上話を始めます。若い作家は、この女性に身も心も捧げたい気持ちになります。薄幸な、謎の女性は、ふと、ため息をつくと……。

訳・朗読 清水柳一/音響効果 岩田直行

朗読者: 清水 柳一 (Shimizu Ryuichi)
1944年、横須賀生れ。『夕鶴』の女優として有名な山本安英の弟子だった父の影響を受け、子供の頃から朗読に親しむ。竹田人形座『雪ん子』(昭和32年文部省芸術祭奨励賞受賞)の主役の声を務める。大学時代からロシア語によるチェーホフ短編の語り聞かせを始める。〈世界の童話を読む会〉で朗読を指導。日本語とロシア語によるチェーホフ作品のバイリンガル朗読会を開き、短編小説・中編小説・戯曲の朗読をこなす。NHKドラマ『坂の上の雲』で外交官・都築馨六を演じる。現在、NHK・BSワールドニュース放送通訳。東京ロシア語学院講師。劇団民藝所属。

ご購入はこちらから

購入サイト: