koto1657
著者:
谷崎潤一郎
朗読:
wis
出版:
響林社(<声を便りに>オーディオブック)
収録:
1:38:32

掲載日 ジャンル:

刺青師の清吉が肌にさす針、抜く針の度ごとに、その光輝ある美女は悶え深い吐息をついた。針のあとは次第に巨大な女郎)蜘蛛の形を具え始め、やがて女の背一面に広がった。糸のような呻き声が女の唇にのぼり、蜘蛛の足は生けるが如く蠕動した …。美しいものを征服し、征服される官能の喜びを描いた谷崎潤一郎の処女作の 「刺青」。 夜毎、美しい女に仮装して人の目を惹く快感に酔う私の「秘密」…。しかしある日、人々の視線は美貌の女に注がれた。それは二、三年前に上海への航海途中の汽船の中で、暫く関係を結んでいたT女だった。浅草雷門での再会を約したその日、私はき つく目隠しをされて俥に乗せられた。その行き先を隠す女の「秘密」とは―。

ご購入はこちらから

購入サイト: