koto1687
著者:
太宰治
朗読:
wis
出版:
響林社(<声を便りに>オーディオブック)
収録:
1:38:58

掲載日 ジャンル:

ある年(注:昭和19年)の春、私は、生まれ故郷の金木のある津軽半島を三週間かけて訪問した。蟹田での中学時代の唯一の友人N君からの歓待、T君とその友人らと観瀾山に登っての志賀直哉談義、Sさんのお家に招かれての疾風怒濤のような津軽らしい歓待ぶり、竜飛崎の凄愴な光景と巡ったのち、生家にたどり着く。長兄、次兄らとの対面には気疲れするが、嫂、姪、祖母らと再会できた。そしていよいよ、幼少の頃、子守として育ててくれたたけとの再会のために深浦に向かう。30年ぶりに念願の再会を果たし、私はたけの子だと改めてつくづく思うのであった。なお、朗読テキストは、響林社のサイトにてダウンロードできます(無料)。(C)wis

ご購入はこちらから

購入サイト: