koto0192
著者:
新渡戸稲造
朗読:
渡部龍朗
出版:
ことのは出版 アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:,

世界でつうじる言葉「Bu-shi-do」。
それは、この一作によってひろまったといえましょう。
日本銀行券の五千円券の肖像としても知られる著者・新渡戸稲造。日本が国際連盟から脱退したときには「なんといっても日本を国際社会の孤児にさせてはならない」と訴えるものの「新渡戸は軍部の代弁に来たのか」と欧米の友人からも理解されず、一方で日本では、軍国思想が高まる中「我が国を滅ぼすものは共産党と軍閥である」と発言したこともあって軍部や右翼の激しい反発を買い、多くの友人や弟子に去られ、と、晩年は失意の日々をおくりつつも、『武士道』を通したひとでした。
「自分の道」を考える一助として、気骨を感じる朗読で、どうぞ。
翻訳は東京大学総長を勤めた矢内原忠雄氏です。
書籍は現在でも岩波文庫(ISBN 4003311817)で版を重ねている普及の名作です。(C)アイ文庫 (C)ことのは出版

ご購入はこちらから

購入サイト: