koto0075
著者:
陳舜臣
朗読:
津々見沙月
出版:
ことのは出版
収録:

掲載日 ジャンル:

宦官にされて笑いものにされながらも悲劇の歴史家司馬遷は、現れては消えていった無数の人々の思い、怨み、願いを後世に伝えるために『史記』を残しました。
その史記を陳舜臣がわかりやすく語り直した作品です。
第二集では春秋戦国時代の戦国時代にフォーカスをあてています。
呉越同舟の呉と越の時代から(臥薪嘗胆も入っています)、戦国時代を宰相として生き抜き、理想の自分ともされる笵れいの逸話や五月五日のちまきの由来ともなり、三国志の関羽と同様怒りを静めるためにあがめられ水の神様とされた屈原の話を収録しています。

ご購入はこちらから

購入サイト: