koto2607
著者:
立原正秋
朗読:
神﨑美和子
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
0:32:42

掲載日 ジャンル:

「そうだ、このまちにはあのひとがいたな」三島駅を降りてタクシー乗り場に歩いてたとき、僕は思いだした。女の顔をおもいかえしたとき、僕の足はちょっととまった。 ―—直木賞作家・立原正秋が描く、男と女。骨太でいて絹糸のようにしなやかなかにある、晩秋の果実のごとき旨味をご堪能ください。

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: