koto2199
著者:
池波正太郎
朗読:
神谷尚武
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
1:04:52

掲載日 ジャンル:

会津屋敷の切れ目の掘割りに小さな橋がかかってい、平蔵が、これをわたりかけたときであった。背後から、突風のように肉薄して来る殺気を感じた。・・・・「火付盗賊改メ、長谷川平蔵と知ってのことか……そうだろうな、そうらしい」―鬼平犯科帳より―(時代小説)

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: