koto2202
著者:
池波正太郎
朗読:
神谷尚武
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
1:50:10

掲載日 ジャンル:

その客のことを、平蔵は忘れることにし、はこばれて来た貝柱の〔かき揚げ〕を浮かせたそばをやりはじめ、(む……うまい) 否応なしに舌へ来る味覚と同時に、またも、(あの男、どうも、くさい・・・) 箸を置き、連子窓の隙間から源兵衛橋を南へわたって行く、いまの客の後姿を注視した。―鬼平犯科帳より―(時代小説)

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: