koto2227
著者:
池波正太郎
朗読:
神谷尚武
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
1:16:37

掲載日 ジャンル:

火付盗賊改方の与力をつとめる富田達五郎は、夜の川面で商人の橋本屋と船頭を切って捨てた。橋本屋に脅迫されていた達五郎は、誰にも見咎められずに始末がついたと安堵したが、数日後又、新たな脅迫状が届けられる。平蔵は身内の不始末をどう裁くのか。 ―鬼平犯科帳より―(時代小説)

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: