koto2246
著者:
池波正太郎
朗読:
神谷尚武
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
0:47:26

掲載日 ジャンル:

役宅内の詮議場に引き出された男は鼻筋の通った色白の美男だったが、顔には無残な火傷の跡があった。 与力の懸命な訊問にもかかわらず、男はだんまりを決め込んでいる。 小部屋の覗き窓から見た平蔵は、はて・・・こやつどこかで見たような。 ―鬼平犯科帳より―(時代小説)

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: