koto2680
著者:
岡本綺堂
朗読:
窪田涼子
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
4:51:17

掲載日 ジャンル:

正月の夜更け、歌留多の会からの帰り途で、お北とお勝の二人の娘は一つの白い影を見た。「蝶々でしょう」「今頃どうして蝶々が飛んでいるのでしょう」――怪しい蝶を見た、お勝は病の床につき、お北は行方知れずとなる・・ 半七シリーズ最終話は、半七ではなく、その先代の三河町の親分が主役です。酒呑みだが面倒見のいい吉五郎の活躍ぶりをお楽しみください。

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: