koto2928
著者:
池波正太郎
朗読:
三好翼
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
0:52:33

掲載日 ジャンル:

夜半、抱き潰されて眠っている嫁のおみねを、徳次郎は殺そうとした。と、おみねが、ぱっと両眼をひらき、ぬたりと徳次郎へ笑いかけたものである――「殺す気かえ」。大盗〔網切の甚五郎〕の腕ききの配下〔山彦の徳次郎〕ほどの男が完全に虚をつかれたのであった。 (時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_武井寿夫

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: