koto2931
著者:
池波正太郎
朗読:
三好翼
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
1:08:15

掲載日 ジャンル:

浅草観世音の絵馬堂の前で、おまさは昔なじみの老人にばったり再会した。上方から江戸にかけてその道では知られた盗賊〔瀬音の小兵衛〕であった。5年も前に足を洗って江戸を去ったはずの小兵衛が、おまさに両手をついて「少ねえが二十両で、引きうけておくれ」と頼むのであった。――その夜、おまさは平蔵を訪ねた。「長谷川さまに、御ねがいがあって、まいりました」「なんだ、な?」

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: