koto2975
著者:
池波正太郎
朗読:
三好翼
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
0:52:51

掲載日 ジャンル:

「お願いでございます。こ、このとおりで……」盗改方の密偵・大滝の五郎蔵は、昔の子分砂井の鶴吉に哀願されていた。「このままじゃあ、あの女に精も根も吸いとられて、あっしは、もう、近えうちにあの世へ……」「何故、逃げねえ」「あっしは逃げられねえ弱味を、おけいにつかまれているのでござんす」・・鶴吉は女賊〔掻掘のおけい〕に絡め取られ、手も足も出ないのだと泣いた。 (時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: