koto1810
著者:
清少納言
朗読:
松宮森乃
出版:
ことのは出版株式会社
収録:
10:36:26

掲載日 ジャンル:

・・ときは平安。
背よりながく髪をのばし、絹織物を何重にもかさねて身に纏い、ろくに風呂にも入らず、重みのせいか陽に当たらず運動も足りない生活のせいかよろよろといざり動く女は、こちらを見て言い切る。
「春は、やっぱり暁方よね!」
——だって空がなんともいえなくイイ!から!!
かわいいもの、しょんぼりしてしまうもの、わたしの好きな花、あこがれの上司、今日あったおもしろいこと。
千年を越えてはいても清少納言がかいているのはむずかしいことではありません。現代語訳もいいけれど、彼女の筆致「そのもの」をあじわっていただければと思います。おしゃべりするように聞いてください。

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: