koto1607
著者:
童門冬二
朗読:
童門冬二
出版:
アートデイズ
収録:

掲載日 ジャンル:

【内容紹介】 漢詩や和歌にも造詣の深かった高杉晋作を、童門氏は「憂国の詩人」と表現。数多くの幕末偉人の中で、唯一民衆の意識までも鼓舞した高杉晋作なる人物をじっくり語る。 【講師紹介】作家 童門冬二       1927年東京都生まれ。歴史小説の第一人者。歴史の中から現代に通ずるものを好んで書く。講演活動も積極的に行っている。

ご購入はこちらから

購入サイト: