koto1476
著者:
立松和平
朗読:
立松和平
出版:
アートデイズ
収録:

掲載日 ジャンル:

ブッダが探求した『真理』を思う
シャカ族の王子シッダッタは、迷いの果てに“悟り”の境地を得た。悟りを開いてブッダとなってからもあくまでも人間として、惑い、苦しんだ“真理の法”は、今も多くの人々に影響を与え続けている―。

【講師紹介】作家 立松和平
1947年、栃木県生まれ。早稲田大学在学中に『自転車』で早稲田文学新人賞。様々な職業経験後、文筆活動に専念する。著書『道元の月』『ブッダ』など多数。

ご購入はこちらから

購入サイト: