koto0155
著者:
新美南吉
朗読:
秋茜
出版:
アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:

いたずらものの狐のごんは、ある日、いつもの調子で兵十のしかけをいたずらし、かかっていた鰻を逃してしまいます。でも、そのあと兵十がおっかあの葬式を出すのをみて、あの鰻は病気のおっかあのためのものだったのだと知るのです。激しい後悔に苛まれたごんは、密かに償いを始めるのでしたが……
あくまでも人間の主観的・情緒的な視線で、自分の周囲の生活の中から拾い上げた素朴なエピソードを脚色したり膨らませたりした、素朴で味わい深い作風です。
秋茜による新美南吉の童話シリーズ。
子どもたちに教えていた経験がいきる朗読で、新見南吉の世界を温かく表現しています。(C)アイ文庫

ご購入はこちらから

購入サイト: