koto1359
著者:
新美南吉
朗読:
まりも
出版:
アイ文庫
収録:
0:25:15

掲載日 ジャンル:

 いたずらものの狐のごんは、ある日、いつもの調子で兵十のしかけをいたずらし、かかっていた鰻を逃してしまいます。でも、そのあと兵十がおっかあの葬式を出すのをみて、あの鰻は病気のおっかあのためのものだったのだと知るのです。激しい後悔に苛まれたごんは、密かに償いを始めるのでしたが……。新美南吉のあまりにも有名な作品を、朗読で。お子さまと一緒にお楽しみください。

【朗読者について】
 一児の母、まりも(現代朗読協会)が読む「ごんぎつね」。子育てで鍛えたインナーマッスルとユーモア精神が豊かな表現を生みました。

(C)アイ文庫

ご購入はこちらから

購入サイト: