本のお口よごしですが 第一集

掲載日 ジャンル:

koto0264
著者:
出久根達郎
朗読:
金田賢一

進学がむりで中卒で古本屋の小僧となり、たたきあげ、独立、古本屋の主として30年余で直木賞を獲ったおっちゃんの思い出話

どくとるマンボウ回想記

掲載日 ジャンル:

koto0269
著者:
北杜夫
朗読:
網野隆

「僕には書くことしか取りえがありませんでした」航海記から半世紀。昭和2生。戦争、躁鬱病、破産・・困難に満ちた、幸せな一生。

ボクは坊さん。 著者朗読版

掲載日 ジャンル:

koto0999
著者:
白川密成
朗読:
白川密成

24歳、突然、住職に。 仏教は「坊さん」だけが独占するには、あまりにもったいない! 笑いあり、涙あり、学びあり! 大師の言葉とともに贈る、ポップソングみたいな坊さん生活を著者自ら朗読

ロバート・ハリスのEXILES

掲載日 ジャンル:

koto1807
著者:
ロバート・ハリス
朗読:
ロバート・ハリス

J-Waveの人気ナビゲーターロバート・ハリスの『エグザイルス』(講談社刊)『エグザイルス・ギャング』(東京書籍)他に新たな書き下ろしを加えた自叙伝を著者自身が朗読。世界を放浪した少年時代からJ-Waveデビューまでの日々を熱く語りました。 「自分らしく自由に生きていきたい」と願う全ての人々に捧げる、魂の巡礼の物語です。

枕草子

掲載日 ジャンル:

koto1810
著者:
清少納言
朗読:
松宮森乃

日本三大随筆の一つ清少納言の枕草子が完成。既刊方丈記と併せて三大随筆の完成を目指します。古典のテンポを保ちつつ、さらに耳で聴きやすいよう収録した作品になっています。

聖徳太子

掲載日 ジャンル:

koto2253
著者:
内藤湖南
朗読:
平川正三

東洋史学に名をのこす学者・内藤湖南が、聖徳太子について「太子の外交方針」「太子の内政上の主義」「佛教採用の一理由」「蘇我氏と太子」の各テーマで論ずる。

水仙

掲載日 ジャンル:

koto2399
著者:
立原正秋
朗読:
神﨑美和子

みずからを「純文学と大衆文学の両刀使い」と称して大人の愛を描き、流行作家となった立原正秋の、亡くなった友人への鎮魂の一作。

質問 老いることはいやですか

掲載日 ジャンル:

koto2915
著者:
落合恵子
朗読:
大森ゆき

誰しも必ず迎える「老いること」「死ぬこと」に前向きに取り組んだ、エッセイと「人生の先輩」との対談(山田洋次/谷川俊太郎/なかにし礼/笹本恒子/黒井千次)

おとなの始末

掲載日 ジャンル:

koto2916
著者:
落合恵子
朗読:
大森ゆき

この人生を積極的に生ききるためにも、誰しも考えておかなければならない“人生の決着”のつけ方に、「どうかっこよく幕を引くか」をテーマに取り組んだ一書。

本のお口よごしですが

掲載日 ジャンル:

koto2982
著者:
出久根達郎
朗読:
金田賢一/前田弘喜

古書店主による本をめぐるエッセイ。『完全なる男性』『読まずとも買え』『名探偵の蔵書』『坊っちゃんの本名』『猫会議』 などなど、本好きでなくとも楽しめる156話。

絵のない絵本(CD3枚組)

掲載日 ジャンル:

koto1662
著者:
アンデルセン(訳:山室静)
朗読:
wis

デンマークの世界的童話作家アンデルセンの珠玉の名作。数々の童話の翻訳で知られる山室静氏の名訳で全文(全33夜)を朗読。底本,童心社の絵本は、いわさきちひろの挿絵とともに更に作品の魅力を増している。

鱸とおこぜ、スパニエル幻想(CD2枚組)

掲載日 ジャンル:

koto1663
著者:
阿川弘之
朗読:
wis

阿川佐和子の父親でもある、作家阿川弘之。 海軍予備士官として、戦死した友や帝国海軍への鎮魂の思いを綴った『雲の墓標』『軍艦長門の生涯』『暗い波涛』など一連の海軍ものの小説で知られます。生きものを擬人化した「スパニエル幻想」と「鱸とおこぜ」の二編はユーモラスな逸品です。

門(全)(CD10枚組)

掲載日 ジャンル:

koto1664
著者:
夏目漱石
朗読:
wis

友人から奪った妻との人目を避けた質素な生活を描く。『三四郎』『それから』に続く三部作完結編。

銀河鉄道の夜(CD3枚組)

掲載日 ジャンル:

koto1665
著者:
宮沢賢治
朗読:
wis

孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道を旅する幻想的な物語。宮沢賢治の代表作。

忍ぶ川(CD2枚組)

掲載日 ジャンル:

koto1666
著者:
三浦哲郎
朗読:
wis

昭和35年芥川賞を受賞した、三浦哲郎の代表作。静かながらも熱い情感をたたえた珠玉の純愛短編。

只見川

掲載日 ジャンル:

koto1667
著者:
曾野綾子
朗読:
wis

応召されて行った夫とその帰りを待つ妻との哀しい夫婦愛を描いた曽野綾子の短編の傑作。

ノラや

掲載日 ジャンル:

koto1668
著者:
内田百閒
朗読:
wis

猫好きの人には身につまされる内田百閒の「ノラや」シリーズ。百鬼園先生のペットロスを描く。