注目商品

 

オーディオブックは、北米、ヨーロッパではポピュラーな読書方法の一つです。 日本では朗読CD、書籍朗読と呼ばれています。 朗読です。ただ朗読というと文字通り朗らかに読むということで読み手の感情表現が入ることが普通です。実際、日本全国毎日と言っていいいくらいどこかで朗読会、お話し会が開催されています。 ことのは出版の提供するオーディオブック・朗読CDはあくまでも読書と同じように読者が感情表現を自由に受け取るために、文章を一字一句改変せず、感情表現を抑えて作りこんでいます。 読者が本と同じように表現を解釈できるように読むということはとても難しく、朗読者はマイク1本と向かい合いながら真剣勝負の収録を行った作品ばかりです。

欧米のライフスタイルでは新刊がでると、ハードカバーで読むかオーディオブックで読むか選択します。利用されるシーンも、ジョギングや自動車通勤、長距離移動のお供といろいろ。海外の映像で、ウォークマンやデジタルオーディオプレイヤーのヘッドフォンを耳につけてエクササイズやジョギングをしている人をよく見かけますが、彼らの多くがオーディオブックを聴いているとのこと。 印刷された本は愛着の対象でもありますが、内容を「情報」と捉えたとき、保管や持ち歩きにはちょっとした不便も。オーディオブックなら、コンパクトなプレイヤーに何十時間分も収められます。通勤通学や旅行などの外出機会だけでなく、自宅でのリラックスタイムや家事、運動、就寝前など日常生活の中で、場所や姿勢にしばられず自由に利用できるのが、オーディオブックの大きなメリットなのです。

 
 

活字の代わりに音声で「読む」のがオーディオブックで、内容は同じはず――なのですが、実際に聴くうちに、実は違う刺激を受けているということに気づきます。たとえば、読んでいたときには気づかなかった描写に、オーディオブックを聴いていて気づくという例があります。字を目で追っていると、案外読み飛ばしていることが多いということに気づかされる一瞬です。逆にいえば、音声を聴き飛ばすことは難しいのですが、何かをしながら聴くことで時間のロスを埋めていくことができます。また、本を読むことは想像力を刺激してくれますが、オーディオブックを聴くと、読んだときとはまた別の想像が膨らんでいるのを感じます。

音にはトーンやリズムがあり、人の声ならさらに個々の微妙な表現が加わることや、読み手のペースにあわせて思考を進めることを強いられるため、「頭を使わざるを得ない」のです。 人間は視覚動物といわれるほど視覚が発達し、かつ視覚に頼った生活をしています。ふだんは二次的な感覚となってしまっている聴覚を研ぎ澄ますことが、脳の活性化を促しているのかもしれません。

 
 

指先や足の裏は「第二の脳」と言われます。どちらも神経が多く集中しており、動かすなどして刺激することで脳を活性化させると言われています。とくに、考えながら指先を動かしたりすると血流が良くなり、効果的なのだとか。一方、脳は常に新しい刺激を与えてやらないと、シナプスのネットワークが働かなくなって活動が低下し、脳を萎縮(廃用性萎縮)させてしまいます。また、多少複雑な作業でも、慣れてしまうと脳は活動しなくなります。そこで認知症の予防として、オーディオブックを聴きながらジョギングをしたり、家事や編み物をしたり ……そんな「ながら聴き」が脳を鍛えてくれるというわけです。認知症は、仕事一筋、無趣味なまじめ人間がなりやすいとか。仕事と趣味の両立は、時間の関係などでよほどの情熱がないと難しいものですが、オーディオブックの「ながら聴き」なら、今日からでも始められる手軽な趣味。古今の名作文学や実用書なら知識や教養も身につけられて一石二鳥、さらにそこから新たな趣味を見つけることができるかもしれません。

 
 

ヨーロッパではクリスマスなどで親やおじいちゃん、おばあちゃんへの贈り物としてオーディオブックは定番品です。 オーディオブックを聴いて、脳も元気に快活な生活を過ごしてほしいとの願いがこもった商品です。 是非、日本でも出歩くことが少なくなって、毎日受動的にテレビを見て過ごしているおじいちゃん、おばあちゃんへの心のこもった願いをこめてオーディオブックをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 
ロード中...