芥川龍之介

その作品の多くは短編で、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」などの童話も書いた。
芥川の名を冠した新人文学賞「芥川賞」を設けた。芥川賞は直木賞と並ぶ文学賞として現在まで、続いている。

 代表作の一つに古典から題材をとった「羅生門」は精巧に作られた効果音などを用いたドラマ版と名優、榊原忠美が朗読したものほかナレーターによる同名タイトルの4種類を用意。

「ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。……」 生き惑う下人が羅生門で見たものは――
黒沢明監督作品のモチーフともなった、生き延びることの凄まじさを描いた芥川龍之介の名編を、淡々とした中に鬼気迫る空気を醸し出し、作品世界を余すところなく表現します。

 
南京の基督

2,160 

   
猿蟹合戦・舞踏会・桃太郎

2,160 

   
羅生門(ドラマバージョン)(朗読バージョン)

2,160 

 
 
芥川龍之介:芥川龍之介傑作選-羅生門、蜘蛛の糸、舞踏会、他2編(CD2枚組)

1,944 

   
蜘蛛の糸

2,160 

     

   

ロード中...