三四郎

型番: koton-0003

16,200 

在庫あり

商品紹介

田舎の高等学校を卒業し、東京の大学へ進学するため上京する場面から始まる三四郎。

同輩だの先輩だの若い女だのに接触して色々に動いて来る、三四郎にとって新しい世界。どのように成長していくのか?

新聞連載された夏目漱石、代表作の一つですが、題名は聞いたことがあっても作品を読んだ方は案外少ない話かもしれません。ちなみに、作中で三四郎と美禰子が出会った東京大学の心字池は、本作品の影響から「三四郎池」と呼ばれるようになりました。

Wikipedia

作品 三四郎

著者 夏目漱石

朗読者 渡部龍朗

ライターズレビュー

もしかしたら、この作品は、漱石入門者におすすめなのかも、と思う。

 

『吾輩は猫である』よりくだけた文体である。また、漱石自身小説を書くことに慣れてきている。

明治の草食系青年の恋愛話が主体である。

主題が重過ぎない。楽しんで読める。

偏屈なユーモアがきいている。

といって、軽すぎない。

人間関係もはっきりしている。

名作と言われるだけあって、肌感触が違うほど古臭くない。

なじみやすい、と、思う。

 

もちろん、多くの本を読んできた方にも、物足りなさを感じることはないだろう。美しさと、ノスタルジーと、明治の東京を、そして記憶を、・・堪能できるだろう。

 

そして、謎解き。

「stray sheep」

それは、果たして、何を、誰を、さすのか。

三四郎の舞台

三四郎池

三四郎池

大坂夏の陣の後、加賀藩前田家は幕府から現在の東京大学本郷キャンパスのあたりを下賜された。

三代藩主利常の時に、将軍家光・大御所秀忠の御成(訪問)があり、それを迎えるために豪奢な御成御殿や数寄屋を新築し、庭園を整備したと考えられる。この庭園が育徳園であり、池を心字池といった。

『三四郎』でこの池が舞台となったため、「三四郎池」と呼ばれるようになった。

東京大学構内に今も残っている。

文京区HPより

 

本郷中央教会

本郷中央協会

美禰子が通っていたと推定されている教会。

教会HP

リスナーズレビュー

汽車の窓からゴミをぽんぽん捨てててびっくりした。明治の人にがっかりした。(高校1年生 女性)

学生のとき読んだきりで懐かしくて購入したが、やはり良い。朗読を聞くというのもなかなかよい。目が悪くなったがこれからもいろいろ楽しみたい。(70代 男性)

ことのは出版では作品を聴いてレビューを書いてくれる方を募集しています。 オーディオブックを体験したいという方は「オーディオブックリスナー募集」まで

関連書籍

三四郎 (新潮文庫)

夏目漱石全集〈5〉 (ちくま文庫):『三四郎』収録

漱石の思い出 (文春文庫) [文庫]/夏目 鏡子 , 松岡 譲

関連リンク

『夏目漱石』 – Yahoo!百科事典

東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ

夏目漱石.com

熊本漱石館

NPO法人 漱石山房

アイ文庫
CD
12

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...