草枕

型番: koton-0006

10,800 

在庫あり

商品紹介

「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。……」

あまりにも有名な一節で始まる、漱石のロマンティシズムの極致を示す名篇。

カナダの名ピアニスト、グレン・グールドも愛読していたという漱石の「草枕」 画家の“非人情”紀行は変人美女の登場でどんな展開を見せるのか?漱石ならではのユーモアと芸術論を交えた、じわりと面白くなる奥深い名作を、渡部龍朗が全編朗読!

Wikipedia

作品 草枕

著者 夏目漱石

朗読者 渡部龍朗

ライターズレビュー

草枕は1906年に『新小説』に発表された。

処女作『吾輩は猫である』が発表されたのは、1905年1月、翌年8月まで『ホトトギス』で連載された。

書かれた時期が近いせいか、本作は『猫』に似た雰囲気を感じる。後年の作と比べてどうのとか難しいことはおいておいて、まずなにより筋がない。

文学論がある。

芸術論がある。

日本と近代化に関しての考察がある。

花に朧な女がいる。

「人情」がある。

「非人情」がある。

40才にならんとする漱石の人生観もうかがえる。

少々難しい言葉が多いのだが、ユーモアがあり、楽しんで味わえる。

 

が。

 

それを味わうは2度目でいい。3度目・5度目でいい。

まずは最後まで聞いてほしい、

耳に流れるうつくしさを味わってほしい。

 

この世は存外良いところだと、感じてほしい。

 

なんといっても、「人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣にちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。」から。

 

草枕の舞台

那古井の宿――熊本県玉名市にある前田家別邸

那古井の宿

ここは当時、第1回衆議院議員を務めた小天の名門前田案山子の別邸で、明治30年暮、五高教授夏目漱石が訪れ、正月の数日を過ごした宿の跡です。

漱石は、 この時の体験をもとに、後に名作『草枕』を発表。作品中「那古井の宿」として描かれているこの屋敷跡には、今も漱石が宿泊した「離れ」(漱石館)と裸体の 女と出会う名場面を生んだ浴場が残されています。

kusamakura02

前田家別邸HPより

リスナーズレビュー

女がいい。色気がある。なにがあるでもないのに鼻血が吹きそうな(失礼)女を書ける作家は、他にはいまいね。(70代 男性)

本を読んだ時は索引が多くてつらいばかりでしたが、こちらは聞きながら索引を引けるので楽しめました。(40代 男性)

ことのは出版では作品を聴いてレビューを書いてくれる方を募集しています。 オーディオブックを体験したいという方は「オーディオブックリスナー募集」まで

関連書籍

草枕 (新潮文庫)

夏目漱石全集〈3〉 (ちくま文庫):『草枕』収録

漱石の思い出 (文春文庫) [文庫]/夏目 鏡子 , 松岡 譲

夏目漱石博物館―その生涯と作品の舞台 (建築の絵本)

関連リンク

『夏目漱石』 – Yahoo!百科事典

東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ

夏目漱石.com

熊本漱石館

NPO法人 漱石山房

小説「草枕」を巡る旅 – 【満遊!くまもと】 – 熊本市観光情報サイト

漱石・草枕の里

ことのは出版
CD
6

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...