方丈記

型番: koton-0009

2,160 

在庫あり
著:鴨長明 朗読:吉田早斗子
日本の三大随筆にもかぞえられる「行く川のながれは絶えずして・・・」で始まる名文をじっくり聞き込んでください。
源平の混乱の時代、無常観漂う時代に生きた著者の見た、人間の愚かさ、そして慰め。
現代に通じる深い洞察を、和漢混淆文の格調高い原文で。

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。……そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。……」
©アイ文庫
ことのは出版
CD
1

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...