高瀬舟

型番: koton-0167

2,160 

在庫あり
著:森鴎外 朗読:渡部龍朗
今まさに社会問題となっている安楽死のひとつの見を示した作品といえましょう。弟を殺した兄を、あなたならどう裁くでしょうか?
徳川時代、島流しになる京都の罪人は、高瀬川の川筋を舟でくだって大阪に送られた。護送する同心にとってそれはうっとおしい役回りだった。・・ある夜、高瀬舟に乗せられた罪人の様子がいつもとは違う。同心の庄兵衛は不思議に思って聞いてみた。すると弟殺しの罪で島に送られる喜助は・・  
善悪の難しさを感じずにはいられません。 日本を代表する明治の文豪・森鴎外の代表作です。
©アイ文庫
ことのは出版アイ文庫
CD
1

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...