半七捕物帳 広重と河獺

型番: koton-0249

2,160 

在庫あり
著:岡本綺堂 朗読:森川凛
大屋根上で発見された幼女の怪死事件、夜半の盗難事件に潜む裏。半七親分・今回の昔語りは、自然豊かな江戸で起きたふたつの事件。
安政五年の正月十七日、旗本屋敷の大屋根の上に横たえられていた幼女の亡骸。いったいどうしてそんな場所に?  一方、何者かに襲われ財布を奪われたと申し立てる男が助けてくれた夫婦に口止めをした理由とは? 
幕末の江戸を舞台に、人情にゃ篤いがクールな知性派、半七親分が大活躍!

朗読は、「誰も教えてくれなかったジャズの聴き方」(水城雄・著/ことのは出版)で、ナレーションと朗読の二役に挑戦、大好評の森川凛が、一転、時代物に取り組みました。大人らしい、落ち着いたトーンが時代の空気を再現します。
©アイ文庫
ことのは出版アイ文庫
CD
1

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...