鬼平犯科帳(一) 唖の十蔵

型番: koton-0265

2,160 

在庫あり
著:池波正太郎 朗読:安原義人
「鬼の平蔵」是に見参!!!!
長谷川平蔵。若くして家督を継ぐ。温厚篤実な幾多の旗本のひとりとして書院番などを歴任したのち、火付盗賊改方となる。
「・・以後、平蔵は、およそ十年の長期にわたって盗賊追捕の役目を遂行しつづける。
 盗賊達は、「鬼の平蔵」とか、「鬼平」とか、彼をよんで、恐れること非常なものがあったといわれる。 ・・・・」
その鬼平伝説のはじまり、だれもが厭がるお役目・火付盗賊改方就任後初の大手柄をおとどけいたします。
平蔵のあふれる人情味と悪を許さぬ不屈の意志をあわせもつ人間性に、それぞれに味わいのある盗賊たちに、そしてちょいと覗いてこれそうな江戸の町に挑戦するのは、かの安原義人。如何なる鬼平世界をくりひろげてみせてくれますでしょうか。
 池波正太郎作品、ことのは出版初チャレンジです。ご期待ください。
余談ながら。長谷川平蔵の住居跡に、数十年後遠山景元(遠山の金さん)が住んだそうです。狙ったような偶然があるものですね。
©ことのは出版株式会社
ことのは出版
CD
1

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...