鉄道員

型番: koton-0360

2,160 

在庫あり

商品説明

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた・・・

そのとき、娘さんは、奥さんは、何をおもったろう。さみしかったのではないか。うらんでいたかもしれない。すくなくとも、すごいなあ、立派な人だなあ・・とは思っていなかったに違いない。

家庭をさしおいて、義務を優先した男が、単純に偉いとは思えない。

けれども、ひたむきに懸命に生きてきた姿には、敬意を表さずにはおれない。・・こんな風な尊い生き方ができるかどうか。いやまず、そんな風に生きたいと思えるかどうか。

涙をさそいがちな胸にせまる小説を、朗読演出家水城雄と榊原忠美のコンビが渋くよみあげました。

文芸「作品」として命を吹き込まれたオーディオブックです。

その品質を是非とも味わいください。

Wikipedia

作品 鉄道員

著者 浅田次郎

ライターズレビュー

『鉄道員』は浅田次郎が「散歩しているときに、あのストーリー全部が一瞬にして頭の中に降って来た」そうだ。

そしてそのストーリーを、著者は、モデルとした地を実際訪れることなく書いたという。

そのほうが「ロマンのある作品になる」からと。

その結果、

北国、冬、雪、炭鉱、国鉄ローカル線、廃線、やもめ、愛娘、愚直、無口、仕事一途、定年、友情・・

ロマン満載だ。最初から「泣かせてやろう」という意図がありありとしていてかえって鼻に付くほどだ。しかも煽りが「心を揺さぶる“やさしい奇蹟”の物語」!!お涙ちょうだいデスネ~

なのに。

・・・聞くと、泣けてしまった。

「死んだわが子もはたふって迎えるのか?」

「俺ァ、ポッポヤだから、身うちのことで泣くわけいかんしょ」

渋い男のこえ。

何故か『ビルマの竪琴』の「アア、ヤッパリジブンハ、カエルワケニハイカナイ」を思い出した。

男は行かなかった。

男は言わなかった。

男は泣かなかった。

生涯を仕事に捧げつくしたような、男の一生。

こういう話が受け入れられる素地がたとえば神風特攻隊を、自殺世界一の国日本を、うんだのかもしれない。

それでもわたしは泣いてしまった。

圧倒された。

日本の男の美学だと、思った。

映像化のときの舞台

幾寅駅

幾寅駅

 

poppo02

キハ40 764

リスナーズレビュー

北海道に旅行にいく飛行機の中でないてしまってはずかしかった。次に北海道にいくときは函館や札幌みたいな都市ではないところに行ってみようと思う。(20代 女性)

自分の一生に似ていて、なんともいえない気分になった。(60代 男性)

ことのは出版では作品を聴いてレビューを書いてくれる方を募集しています。 オーディオブックを体験したいという方は「オーディオブックリスナー募集」まで

関連書籍

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

鉄道員(ぽっぽや)/高倉健 (出演), 大竹しのぶ (出演), 降旗康男 (監督) | 形式: DVD

待つ女―浅田次郎読本 (朝日文庫)/浅田 次郎 (著), 朝日新聞社文芸編集部 (編集)

趣味の文具箱 23 [大型本](※浅田次郎特集)

高倉健とすばらしき男の世界 映画『鉄道員』/「鉄道員」メイキング編集部 (著)

関連リンク

浅田次郎-直木賞受賞作家-117AJ – nifty

浅田次郎 おすすめランキング (373作品) – ブクログ

浅田次郎 名台詞集 | Facebook

運炭 – Japan

最後の運炭路線 芦別線の挫折 ―『時間の散歩(過去・現在)』

廃線 ―Wikipedia

日本の廃止鉄道路線一覧 ―Wikipedia

幌内線 ―Wikipedia

ことのは出版
CD
1

画像に表示されている英数字を入力してください。

投稿はありません

ロード中...