川端文学の名作のひとつ。

 

川端康成の異色の作品

川端文学の名作のひとつ。
終身名人制最後の名人の人生最後の勝負碁の姿を観戦した川端康成が、
観戦記者の目線で「不敗の名人」の終わりの時を描いた記錄小説。
女性を描くことが多い川端康成作品の中でも異色の作品。

 

こちらの特設ページでは囲碁について簡単に説明しているので、

まだ聞いたことが無い人は是非囲碁の知識を少しつけて聴いてみてください(^^)/~~~

名人

 

 

名人の特設ページはこちらから。