Kotonoha AudioBooks

ことのはオーディオブックス

作品リスト

知っていますか

これはエッセイなのか哲学・思想書なのか、それとも知識の泉となる学術書・ビジネス書なのだろうか?

月島慕情

「平成の泣かせ屋」の異名をもつ浅田次郎による、切なくてほろ苦い名作集全7話。

音道貴子シリーズ

男社会に生きる女刑事音道貴子。

鉄道員

娘を亡くした日も妻を亡くした日も男は駅のホームに立っていた。

プリズンホテル

任侠専用、時々堅気の監獄ホテル。

壬生義士伝

幕末の動乱期を駆け抜けた新撰組の孤独の隊士「人斬り貫一」

樅の木は残った

取り潰し寸前の伊達藩を救うためたった一人で戦う男の物語。

ジョン・マン

万次郎の波瀾万丈な人生のスタートを描いた大河シリーズ!!

いつか陽のあたる場所で

人には言えない過去を持ちながら小森谷芭子と江口綾香は下町の谷中で新しい人生を歩み始める—。

鬼平犯科帳シリーズ

「平成の泣かせ屋」の異名をもつ浅田次郎による、切なくてほろ苦い名作集全7話。

少年探偵団シリーズ

男社会に生きる女刑事音道貴子。

仕掛け人・藤枝梅安

鍼で生かし針で殺す。善良な鍼医を営み、庶民からも人気の藤枝梅安にはもう一つの顔があった。

剣客商売

勧善懲悪をモットーにした小粋な無敵老剣士秋山小兵衛。

壬生義士伝

幕末の動乱期を駆け抜けた新撰組の孤独の隊士「人斬り貫一」

樅の木は残った

取り潰し寸前の伊達藩を救うためたった一人で戦う男の物語。

ジョン・マン

万次郎の波瀾万丈な人生のスタートを描いた大河シリーズ!!

知っていますかシリーズ

著者 阿刀田高

個々の人物やエピソードは知っていても、ギリシア神話とは何か?知る機会がなかなか無いですよね。
この「知ってますか」シリーズは著者の莫大な考察と研究をベースに、体系的、世界観の背景などを阿刀田高独特のユーモアと文体でまとめ上げた作品です。
ネットで世界が狭くなり異国文化理解の必要性が今の時代高まっています。是非本書で欧米、イスラム諸国の背景思想を学び、かつ笑いやユーモアで楽しんで聴いてください。

特設ページはこちら

月島慕情

著者 浅田次郎

惚れた男に身請けされる事が決まった吉原の女が、男に会うため月島の彼の家を訪ねると・・・。「月島慕情」より。
戦後孤児だった少年が見ず知らずの男に育てられ一代で実業家になった。しかし育ての親の男は今もガード下で靴磨きをしている。実業家のお抱え運転手に採用された元銀行員の視点で実業家と男との関係が明らかになっていく・・・。「シューシャインボーイ」より

特設ページはこちら

音道貴子シリーズ

著者 乃南アサ

女性刑事と組まされた事を不満に思う滝沢刑事と組まされながらも
必死に頑張る音道と滝沢のでこぼこコンビ誕生!
事件解決に向け、反発し合う二人が仕事に対してのプロ根性を徐々に認め合い、かすかに共感しあう所まで歩みよっていくストーリー。

特設ページはこちら

鉄道員

著者 浅田次郎

主人公の佐藤乙松は北海道のローカル線「幌舞線」の終点駅・幌舞駅の駅長をしていた。
生まれたばかりの一人娘を亡くし、最愛の妻にも先立たれたた彼は孤独な私生活を送るながらも勤めていた。
長年勤めてきた幌舞線が廃止を迎えようとしていた。
そして彼も定年退職の年だった。
雪の降る正月、彼の前に一人の少女が現れた。
正月なので都会から帰ってきたと言うが・・・。

特設ページはこちら

プリズンホテルシリーズ

著者 浅田次郎

極道小説「仁義の黄金」で売れっ子作家になった木戸孝之介は叔父が経営するリゾートホテルに招待された。
しかし招待されたホテルは「奥湯元あじさいほてる」またの名を「プリズンホテル」と呼ばれる任侠団体専用ホテルだった・・・。
熱血ホテルマン、天才シェフ、ヤクザのオーナー、そして時々訪れるカタギのお客様。
不思議なホテルに集まる人々が繰り広げる、感動と笑いのドラマがはじまる・・・!

特設ページはこちら

壬生義士伝

著者 浅田次郎

南部藩の下級武士として生まれた吉村寛一郎は貧しい状況を変えようと妻・しづを残して盛岡藩を脱藩し、新撰組の隊士となった。
北辰一刀流免許皆伝の腕を持つ吉村は「人斬り寛一」と今日の都で恐れられていた。
その一方では家族のため極度の倹約をしていた吉村は守銭奴と蔑まれた。
鳥羽伏見の戦いで敗走し、深手を負った吉村は南部藩蔵屋敷に向かうが、
蔵屋敷差配役であり旧友の大野次郎五右衛門から切腹を言い渡されてしまう・・・。

特設ページはこちら

樅の木は残った

著者 山本周五郎

江戸時代前期、仙台の藩主・伊達綱宗は幕府から逼塞を命じられた。
「上意討」の名の下に次々と斬殺される中宿老の原田甲斐はただ一人藩を守ろうと決心する・・・。
上、中、下と合わせて総朗読時間は34時間の超大作です。

特設ページはこちら

ジョン・マンシリーズ

著者 山本一力

幕末の時代、四国の土佐、中ノ浜の貧しい家庭に生まれた万次郎。父親は早くに亡くなっており、
兄は病弱な体質のため代わりに万次郎が学校に行かずに働いていた。
しかし地元の先輩猟師と喧嘩になってしまい働けなくなってしまう。
母が身を切って働いたお金を違う町で働けるようにと渡した。
向かった先の町でたまたま知り合った男に目の良さを認められ一緒に船に乗ることが出来た。
合計5人で乗り込んだ船は最初は順調に進んでいったが最終日に嵐に巻き込まれてしまう・・・。

特設ページはこちら

マエ持ち女二人組シリーズ

著者 乃南アサ

人には言えない過去を持ちながら小森谷芭子(29)と江口綾香(41)は下町の谷中で新しい人生を歩み始める—。
小森谷芭子と江口綾香にはそれぞれ知られたくない暗い過去があった。二人は下町で第二の人生を始めた。
息詰まる緊張の日々、人情にふれ、仕事をこなし、少しずつ新しい人生に喜びや希望が見えてきます。
彼女らを取り巻く東京の下町の状況が細やかに描かれています。
罪を償い、迷いながらも前向きに生きようとする二人に共感し、応援したくなります。

特設ページはこちら

鬼平犯科帳シリーズ

著者 池波正太郎

いつの世も悪は絶えない。
その頃、徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。
凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。 独自の機動性を与えられた、この火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。
人呼ん────「鬼の平蔵」である。

特設ページはこちら

少年探偵団シリーズ

著者 江戸川乱歩

二十の顔を持つという変装の達人・怪人二十面相は、高価な美術品などを狙って怪事件を巻き起こす。
しかし名探偵明智小五郎、小林少年率いる少年探偵団の活躍によって町は守られるというシリーズです。
彼らに憧れた子供は多く、ドラマ、映画など様々なメディア展開が行われました。
現代では人気作家によるオマージュ小説、アニメ展開など進化しながら読み継がれています。

特設ページはこちら

仕掛け人・藤枝梅安

著者 池波正太郎

江戸の庶民からも評判の鍼師藤枝梅安。
しかし彼には裏の顔があった。

なんと金を貰い殺しを引き受ける「仕掛け人」だった!

この世の悪を葬り去るため今日も梅安は仕掛ける。

特設ページはこちら

剣客商売

著者 池波正太郎

やたら万能で強くてモテモテの主人公に、家庭的でデレデレのヒロインのおはる。
凜々しく、実力もあり少し男っぽいツンデレの三冬や、お姉キャラ!?の金さんなど、江戸時代に生きる個性的なキャラクターが登場する池波正太郎の代表作の一つでもある時代小説。
歴史小説や時代小説は娯楽という意味では実はライトノベルと共通するところが多い。時代、歴史小説好きの方も、ライトノベルなどが好きな方も江戸を舞台に楽しめる名作。

特設ページはこちら

銭形平次捕物控

著者 野村胡堂

捕物帳の世界では、
岡本綺堂の「半七捕物帳」、横溝正史の「人形佐七捕物帳」、城 昌幸の「若さま侍捕物手帖」、佐々木味津三の「右門捕物帖」、そして野村胡堂の「銭形平次捕物控」と五作品が五大捕物帳として呼ばれている。
時代小説でありながら、探偵、推理、捕物、人情など色んな顔を持つ作品。
テレビドラマや映画とは違う野村胡堂の銭形平次から目が離せない!

特設ページはこちら

千羽鶴

著者 川端康成

鎌倉の円覚寺の茶会で、亡き不倫相手の息子、菊治の成長した姿を見つける太田夫人。
亡き不倫相手の面影を宿す菊治に惹かれてしまう。
菊治もまた美しく怪しい婦人に惹かれてしまう・・・。
太田夫人の娘、文子は二人の関係を知り、菊治に会うことを引き留めるが_。

特設ページはこちら

波千鳥

著者 川端康成

背徳的な因縁の茶器に振り回されながらも、
たった一人関係ない純白なゆき子に気持ちが落ち着き結婚したものの・・・。

特設ページはこちら

Get the app

AndroidiOS

Follow Us

TwitterFacebook

Connect