著者:
太宰治
朗読:
相原麻理衣
出版:
アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:

「この、お乳とお乳のあいだに、……涙の谷、……」 手のかかる三人の子どもたち。家事はまったく無能な父。その間で八面六臂の大活躍で疲れている母……。
「もう、仕事どころではない。自殺の事ばかり考えている」 家を逃げ出し酒を飲み、だされた高価な桜桃を見て、子供より親が大事とつぶやきながらも子を思う父の複雑で悲しい思いが滲む、太宰、自死直前の名作を、名朗読手、相原麻理衣がしみじみと読みました。
…蛇足ながら、著者の遺体が発見された(そして著者の誕生日でもある)6月19日は、この作品の名をとり「桜桃忌」と名付けられています。(C)アイ文庫

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: