著者:
寺山修司
朗読:
カルメン・マキ/唐沢龍之介/中村恵子/守屋玲子/榊原忠美/矢澤亜希子/野々宮卯妙/水城雄
出版:
ことのは出版
収録:

掲載日 ジャンル:

寺山修司は作家であり、評論家であり、脚本家であり、演出家であり、映画監督であった。そしてなにより、詩人であった。
この『ふしあわせという名の猫』というアンソロジー小冊子の存在を知っている人は少ないだろう。あまり有名な本ではない。私も知らなかった。
私はこれを歌手のカルメン・マキさんから教えてもらった。というより、彼女がご自分のライブで使っていたのだ。彼女は時々、曲の合間に詩の朗読をしているが、その一編がこの本に収録されている詩だった。
本書は詩だけでなく、エッセイ、脚本など、じつにバラエティ豊かな作品が収録されているアンソロジーである。オーディオブックとして制作するにあたって、寺山の才能の「バラエティ」の側面を生かすことに力を注いだ。読み手、読み方、そして音楽、さまざまなアプローチでユニークなオーディオブックに仕上がったと思う。
もちろんカルメン・マキさんにも朗読で参加していただいた。聴いておわかりのように、すばらしく存在感のある朗読を聴かせてくれている。
この本のために貴重なお時間を割いていただいたことに感謝している。
水城雄 演出/音楽(作曲・演奏

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: