著者:
中島敦
朗読:
網野隆
出版:
アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:

漢の武帝の時代、勇猛な軍人である李陵が出兵するにあたり、老将・路博徳が李陵の後塵を拝するのを不愉快として勝手な策を武帝に奏上した結果、李陵は武帝の不興を買い、あげく騎兵を賜ることなく敵・匈奴のいる胡地へと深く攻め入ることとなった。
李陵らは巨大な敵相手に激しく勇敢に戦ったが降伏。だがそれも武帝に寝返りと誤解され、司馬遷の弁護も退けられ、李陵は罪に問われることとなってしまった。
匈奴には厚遇されながらも李陵は憤怒と望郷の念に苦しみつづける。一方、宮刑に処せられた司馬遷は史記を綴り、それ以前に捕虜となっていた蘇武は・・・
中島敦の遺作となった名作を朗読で。
演出=水城雄。(C)アイ文庫
【演出・朗読者について】
中島敦「山月記」、魯迅「阿Q正伝」など重厚な作品をものしてきた網野隆。年輪を感じさせる朗読で、名作にさらなる芸術性を醸します。

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: