著者:
岡本綺堂
朗読:
澤田雅世
出版:
アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:

江戸時代の刑法談義から、半七老人が『御仕置例書』から書き抜いた興味深い事件を語る。
下総国新石下村の猪番小屋で、松葉の煙にいぶされて五人の若者が死に二人が重体という事件がおこる。伝説の小女郎狐が彼らが以前に殺した小狐の復讐をしたのだと村人たちは噂するが、八州廻りの岡っ引、常陸屋の長次郎は一月前に村娘のおこよが亡くなった一件と関わりがあるのではと睨む。
はたして犯人は? そして江戸の奉行所に委ねた裁決は?
演出=水城雄。(C)アイ文庫
【演出・朗読者について】
太宰治「斜陽」などで端整かつ表現豊かな朗読を聞かせている澤田雅世が、悪さを働いたヤンキーたちを成敗するという現代にも通じる半七の異色譚に挑戦しました。時代小説らしい雰囲気作りや、ほとんど男ばかりの登場人物たちを、若い彼女がどう表現するか、演出にも一工夫しました。

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: