著者:
岡本綺堂
朗読:
網野隆
出版:
アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:

日本橋の豪商河内屋は、旗本稲川伯耆から狩野探幽斎が描いた鬼の図を売りたいという相談を受ける。半金で仮に預かるという相談でその軸を渡された番頭の忠三郎は、その雪降る帰り道、本郷森川宿の「化け銀杏」下で何者かに投げ飛ばされ気を失い、軸と懐の百両を奪われてしまう。
半七と子分の仙吉が探りを入れていくが、事件は一筋縄ではいかなかった。
幕末の江戸で、人情にゃ篤いがクールな知性派、半七親分が大活躍!
演出=水城雄。(C)アイ文庫
【演出・朗読者について】
中島敦「山月記」「李陵」、魯迅「阿Q正伝」などで重厚な朗読を聞かせている網野隆が半七に挑戦。語り手の半七老人とほぼ同年代、人生経験の滲む渋い声がストーリーに厚みを添えます。

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: