著者:
新美南吉
朗読:
秋茜
出版:
アイ文庫
収録:

掲載日 ジャンル:

「二月のある日、野中のさびしい道を、十二三の少年と、皮のかばんをかかえた三十四五の男の人とが、同じ方へ歩いて行った。」
知らない同士の束の間の出会いと別れ。歩いてゆく二人に追いかける一人。大胆に単純化された設定の中に、人間同士の触れ合いの真実がさりげなく結晶している。だれにでも、さりげなくおとずれそうな、珠玉のひととき。(C)アイ文庫

ご購入はこちらから

購入・配信サイト: